調剤薬局と考えるジェネリック医薬品についてあなたの疑問に答えます!

ジェネリック医薬品についてあなたの疑問に答えます!

ジェネリック製薬協会は、1968年に設立された、ジェネリックの製造・販売を行う企業の団体です。2008年4月より名称を医薬工業協議会から日本ジェネリック製薬協会へと変更し、現在42社加盟しています。啓発等の活動を通じ、ジェネリック医薬品の普及により日本国民の健康の向上に貢献し、併せてジェネリック医薬品産業の発展を推進すべく活動を行っている団体です。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

 

「日本ジェネリック製薬協会のアクションプログラム」 政府においては、患者負担の軽減や医療保険財政の改善の観点から後発医薬品の使用促進を進めており「経済財政改革の基本方針2007」(平成19年6月19日閣議決定)においても、「平成24年度までに、後発医薬品の数量シェアを30%以上にする」こととしている。一方、後発医薬品については、先発医薬品と同等であるとして厚生労働大臣が承認したものであるものの、現場の医療関係者等から、その品質、供給体制、情報提供体制等に関する問題が指摘されるなど、後発医薬品に対する医療関係者等の信頼は必ずしも高いとは言えない状況にある。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

以上を踏まえ、患者及び医療関係者が安心して後発医薬品を使用することができるよう、その信頼性を高め、使用促進を図るため@安定供給等A品質確保B後発医薬品メーカーによる情報提供C使用促進に係る環境整備D医療保険制度上の事項に関し、国及び関係者が行うべき取り組みを明らかにするものである。」(抜粋)

 

薬剤師国家試験