調剤薬局と考えるジェネリック医薬品についてあなたの疑問に答えます!

ジェネリック医薬品についてあなたの疑問に答えます!

医師や薬剤師で構成される、ジェネリック医薬品の健全な育成と普及を目指している団体です。平成19年4月1日に「日本ジェネリック研究会」から「日本ジェネリック医薬品学会」に移行しました。ジェネリック医薬品の情報サイト「かんじゃさんの薬箱」も運営しています。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

 

ジェネリック医薬品の使用を促進する団体としては日本ジェネリック製薬協会がありますが、こちらは主にジェネリック医薬品メーカーで組織している団体です。

 

日本ジェネリック医薬品学会の学会活動予定には
○ジェネリック医薬品を処方し調剤する現場の医師・薬剤師、ジェネリック医薬品研究者さらに市民(患者)をも巻き込んだユーザーサイドに立った学会をめざします。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

○ジェネリック医薬品に関する調査研究を行います。研究範囲はジェネリック医薬品の品質についてユーザーサイドから見た研究(RCT含む)、ジェネリック医薬品の品質承認、製造・流通問題に関する研究、ジェネリック医薬品の市民への認知・普及等に関する研究を行います。
○研究演題を公募して、国内外のジェネリック医薬品に関する調査研究の発表の場を提供いたします。
○ジェネリック医薬品の一般市民への啓発普及活動を行います。
○ジェネリック医薬品に関する上記研究趣旨に沿った研究助成も将来視野に入れたいと考えます。
と記載されています。

 

薬剤師 募集