調剤薬局がお届けする メリット・デメリットについて説明します

メリット・デメリット

人工股関節手術ではすり減った大腿骨頭と寛骨臼を削り、人工の部品をそれぞれ設置します。

 

人工股関節手術の適応疾患としては、変形性股関節症、関節リウマチ、大腿骨頭辷り症、外傷などがあります。

 

人工股関節手術の目的は、股関節可動域を改善し、股関節の痛みを取り除くことがメインです。

 

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

デメリットとしては、人工関節手術後には、血栓、脱臼、感染、摩耗などが考えられることがありますが、
メリットとしては、人工股関節手術によって、股関節痛の痛みが治り日常生活に支障のなくなるくらい良くなる人もいるようです。
次回は手術の費用について説明します。

 

よくわかる調剤薬局
ことならこのサイト

 

やりがいのある薬剤師 求人
お探しなら

自分にあった薬剤師 転職
希望の方はこちら

 

薬局