調剤薬局と考えるジェネリック医薬品の現状

ジェネリック医薬品の現状

処方箋を医師が出す場合、欧米では、有効成分の名前をつけた「一般名」で処方します。






成分が同じ複数の商品の中から選んで調剤できる「一般名処方」の比率が高いのです。




薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。



結果的にジェネリック医薬品を選択するケースも増えるというわけです。






それに対して、日本では、製薬会社が独自につけた「商品名」を記入することが一般的には多く、処方箋に商品名で書かれた場合には、その商品を使って調剤しなければならないので、ジェネリック医薬品が入り込む余地が少なくなってしまうのです。

薬剤師 募集