調剤薬局と考えるジェネリック医薬品のデメリット

ジェネリック医薬品のデメリット

ジェネリック医薬品の弱点として、薬を安全に使うための情報が少ないことが挙げられます。




必要な薬の情報や提供体制が、一部の後発医薬品メーカーには出来ていないというイメージがあるのです。




薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。



また、販路が少ないために、医療機関や薬局がジェネリック医薬品を入手しにくい事態も生じています。




そして、ジェネリック医薬品は古い薬でもあるということも重要な点で、新たな効果を謳って新薬が次々と生まれているので、より効果の高い薬を求めるのも現状です。

薬剤師 募集